軽症の傷の補修はDIYで

車を普段から日常的に使用していると、気づかないうちに様々な傷などがボディに付いていることがあります。
特に手を触れるドアノブ周りなどは、無数の細かい傷が増えてしまいがちです。
また、道路からの飛び石などでも小さな傷の原因となります。
こうした傷は放置しておくと、見た目にも印象がよくありませんし、時間がたってしまうとサビなどの原因にもなりかねません。
これらの傷が軽微なものであれば、DIYによって補修することが可能です。ホームセンターやカーパーツショップでは、こうした傷の補修用のグッズが数多く揃っており、初めて補修を行う際にも使いやすいものとなっています。
浅い傷であれば、専用の板金パテで傷を埋めることによって、元の平滑な面へと補修することが可能です。パテを盛りつけた後は、耐水ペーパーなどを用いて、丁寧に磨くことで綺麗な面を作ることができます。こうした作業のあと、塗装によって仕上げなければなりませんが、スプレーやタッチアップペンなどが数多く揃っており、車種やメーカーごとに細かく色数が用意されていますので、同じ色を見つけるのも容易になっています。
また、ごく浅い擦り傷などの場合、こうした店に売っているコンパウンドで研磨するだけでも消えることがありますので、こうした店を上手く活用することで、余計な補修費をかけずに済ませることができます。
デスク01