愛車なら小さな傷でも大きく見える

大事に乗っている愛車にも、不注意によって傷をつけてしまうことがあります。また、飛び石など、不可抗力によってもボディにキズがつくことは多く、大事にしていればそれだけショックも大きいものとなります。
こうしたキズを放置しておくと、塗装が剥がれて露出した板金部分が錆びてくることがあり、それによってさらに周辺の塗装が剥がれるといったことも起こるため、できるだけ早く補修をする必要があります。
飛び石や、少しぶつけたといった、軽微なキズであれば、自分で補修を行うことも可能です。ホームセンターなどには、こうした修理に使用するグッズが数多く揃っており、初心者でも容易に扱えるよう、使用方法も簡単なものが多いのが特徴です。
キズを埋めるパテなどの他、下地を綺麗に研磨するためのサンドペーパーや、研磨ブロック、仕上げのためのコンパウンドも粒度によって様々な種類が用意されています。
また、すでに錆が発生している場合の錆取り剤や、新たな錆を防ぐ防錆剤なども購入できるため、下地の処理から簡単に行うことができます。
修理をした後は、ボディと同色の塗料でタッチアップを行う必要がありますが、車種ごとにそれぞれの塗装色の塗料が揃っており、スプレータイプのほか、ペンの様に扱えるものもあります。

コメントは受け付けていません。