ハウトゥー車の補修

車を擦ってキズが出来てしまった、ショックですね。修理工場に塗装を頼むと、キズ自体は小さくても結構お金が掛かるものです。そんな時は自分で手軽に直してみませんか。
軽くこすって塗料の表面が剥げただけならば、コンパウンドで磨くといいでしょう粗磨きをしてから仕上げ用で磨き、最後にワックスを掛ければほとんど目立たなくなります。
少し深く傷つけてしまった時は、専用の塗装ペンやスプレーが便利です。ペンでキズを埋めれば目立たなくなります。ポイントは、必ず車の塗装と同じカラーを買ってください。大抵は車種と色が表になって置いてあるので、対応するものを選べば良いでしょう。
もしもかなり深く傷つけてしまったときは、パテを使って削れた部分を埋めます。先にサンドペーパーでキズを均し、他にパテがつかないようにマスキングテープで周りを保護します。パテは多目に盛り、乾いたらまたサンドペーパーで整えます。それからスプレーなどで塗装をのせると良いでしょう。広く金属部分を出した場合は下地も塗っておくと錆びにくくなって安心です。また、このやり方は錆が浮いてしまった所にも使えます。この場合はきちんと錆を落としきってからパテや塗装に入ってください。錆止めも忘れないでくださいね。
やり方はさまざまですが、やってみると案外簡単な車のキズ補修。塗装をするときは、周りに塗料がつかないように気を付けてくださいね。
???? Vol.123 ??????-??????????

コメントは受け付けていません。