表面が削れただけの傷には塗料が必要 

自動車の擦りキズを直すのにタッチアップペンがあります。
基本的に応急処置や簡易修理用として販売されています。
キズが大きなものではなく、何かと引っ掛かって表面塗装が剥がれたような場合やバンパーなどの金属とは違う部分で擦りキズなどのキズ隠しに使います。 タッチアップペンはペンタイプの塗料で通称タッチペンと言われます。
ただ、タッチペンでの修理は完璧な状態では出来ず、あくまでも簡易修理であるため、本格的にキズを直そうと思えば、この方法ではいけません。
ただ、小さな部分で修理に出すほどでもなく、かと言って放っておけば錆びたり、塗装が剥がれたところが目立ち、格好悪いというようなとき、応急処置的に行うものです。 本格的に直すとなれば、キズ部分をヤスリ(ペーパー)で削り、表面をフラットな状態にしてサーフェイサーを塗り、その後スプレー塗装をします。
キズが深い部分はパテで表面をフラットに整えます。 サーフェイサーは細かいキズを目立たなくし、上塗りの発色が良くなり、塗料の食い付きも良くなります。
数センチの細かな線キズのカーラーリングの場合タッチペンで十分でしょう。
カラーナンバーをよく確認してその車にあった色を塗らなければ、タッチペン修理は逆に目立つことがあります。
椅子01

コメントは受け付けていません。