いたずらで引っかき傷を付けられた

車のボディに引っかき傷がつくことはよくあることです。むしろ、引っかき傷の一つもない車を探すほうが難しいことです。知らず知らずのうちについてしまうこともあれば、いたずらされたり、木の枝に触れたぐらいでも傷がつくことがあります。引っかき傷がついた場合、ディーラーや修理工場に持っていけば、きれいにしてくれますが、それなりに費用がかかります。そこでまずは自分で修理にチャレンジしてみることをオススメします。

車のボディは何層にも塗装されています。そこでまず、どの層まで傷が入ったかを確認します。一番外側のクリアー層は、カラーの上に無色透明のクリアーが吹きつけられており、車に美しい輝きを与えていますが、クリアー層だけの傷であれば、コンパウンドで磨くだけできれいに傷がとれます。コンパウンド剤は目の粗いものから細かいものまで数段階に分かれていますが、傷の状態に合わせて目の粗いものから順に目の細かいものに変えていくのがコツです。

しかし、クリアー層を超えてカラー層、あるいは鉄板が見えるほどの深い傷の場合は、サーフェイサーで傷を埋める作業からはじめなければなりません。サーフェイサーで平な状態にし、サンドペーパーできれいに均します。その後、スプレー塗装かタッチペンで塗装します。塗装が乾くまで時間がかかるので、焦りは禁物です。

コメントは受け付けていません。