擦ってしまったバンパーの補修方法

車のパーツでバンパーは外部からの衝撃を受けてしまった時にバンパーが傷つくことで車本体にダメージを緩和する役割がありパーツの中では衝撃を受ける為のパーツの様なものでコーナーの部分などは傷が特に付きやすい箇所です。
しかし最近販売されているクルマはバンパーとボディーが一体化されたものが多く擦ったりして傷が付いてしまうと、とても目立ってしまいます。
一般的なバンパーは樹脂バンパーなので時間が経過をしても傷の中から錆が発生するということは無いのですが最近のクルマはバンパーの傷がとても目立ちますので傷を補修することが良く、少し擦った場合でも傷が派手に見えますが擦った物の塗装が付着していたり異物が付着していたりして実際のバンパーの傷は浅い傷で済んでいるケースが多く、この様な状態ならコンパウンドを使用して研磨することで消すことができたり目立たなくすることができます。
しかし傷の中には浅い傷もあれば深い傷もありますので擦り傷がある程度目立たなくなってきた時に研磨の作業をやめることが大事です。傷の溝に対して並行に磨くことが基本となりますので円を描くような動きをしてしまうと逆にスクラッチ傷が付きますので注意が必要です。
ベッド

コメントは受け付けていません。