大きな傷をつけてしまったら

車のボディに傷がつくといやなものです。特に大きな傷をつけてしまうと、見た目が良くないだけでなく、サビが発生するリスクも高くなります。
塗装面が剥がれて下の金属が見えている場合はもちろん危険ですが、浅い場合も、浅いからと放置しているうちにいつの間にか塗料が劣化して落ちることもあるため、傷は早めに修理しましょう。
修理は板金屋さんに頼むのが確実です。ボディの目立つところについたものは、補修痕が残ると車全体がみすぼらしい感じになってしまいますから、プロに任せましょう。ただ、大きくても目立ちづらい部分の傷ならば、市販の補修グッズを駆使して自分でリペアするのも一つの手です。
塗装が傷ついているだけならば、仕上げ用コンパウンドと樹脂剤入りの傷消しワックスを用意します。コンパウンドをティッシュペーパーにつけて傷を磨いていき、ある程度傷が目立たなくなったら傷消しワックスを塗りこんで仕上げます。
爪が引っかかるような傷を磨く場合は、周囲の塗装を傷つけないようにマスキングテープで保護します。コンパウンドは塗装を削って傷を目立たなくするものですから、いずれの場合も磨き過ぎないようにしましょう。
塗料が削れてしまった傷は、下の金属が錆びていたら紙やすりでサビを削り、サビ止めを塗ります。タッチペンで色を盛り上げるように乗せ、完全に乾いたら目の細かい紙やすりをかけ、コンパウンドで磨いて仕上げます。

コメントは受け付けていません。